朝の光,夕べの雲

キリスト教,聖書の記事

ガラテヤ人への手紙  解説 2

f:id:john3-16:20211204214348j:plain

 

口語訳聖書引用

 

パウロがガラテヤの諸教会

紀元50年ごろに送っています。 

 

 

 ○

  

ガラテヤ1章

 
挨拶  十字架,復活
 
(ガラテヤ1:1,2 口語訳)
「人々からでもなく,人によってでもなく,
イエス・キリストと彼を死人の中から
よみがえらせた父なる神とによって
立てられた使徒パウロ,
ならびにわたしと共にいる兄弟たち一同から,
ガラテヤ諸教会へ。」
 
 
パウロは,
 
自分がイエスの十字架の死と復活によって
 
いることを自覚していました。
 
 

 

「キリストの僕」

 

(ガラテヤ1:10)

「今わたしは,

人に喜ばれようとしているのか,

それとも,

神に喜ばれようとしているのか。

あるいは,

人の歓心を買おうと努めているのか。

もし,今もなお人の歓心を

買おうとしているとすれば,

わたしはキリストの僕ではあるまい。」

 

私たちが,

何を話し何を行動するかの基準は,

神に喜ばれるかどうかです。

 

 

ガラテヤ2章

 

キリストの十字架

「キリストと共に生きる」

 

(ガラテヤ2:20)

「私はキリストとともに

十字架につけられました。

もはや私が生きているのではなく,

キリストが

私のうちに生きておられるのです。

いま私が

肉にあって生きているのは,

私を愛し

私のためにご自身をお捨てになった

神の御子を信じる

信仰によっているのです。」

 

わたしたちは,キリストと共に死に,

キリストと共に生きるのです。

 

私たちの信仰であり,

行動となっていくべきです。

 

 ○

 

 ガラテヤ3章

 

「大きな経験」

 

(ガラテヤ3:4)

「あれほどの

大きな経験をしたことは,

むだであったのか。

まさか,むだではあるまい。」

 

パウロは,

「私たちが主イエスに出会った体験,

救われた体験,

その体験を忘れていないか?

無駄になっていないか?」

と問いかけます。

 

わたしたちは,イエスに出会い,

信じることによって救われたのです。

 

 

ガラテヤ4章

 

御子の霊 (聖霊)

 
(ガラテヤ4:6)
 
「このように、
 
あなたがたは子であるのだから、
 
神はわたしたちの心の中に、
 
『アバ、父よ」と呼ぶ御子の霊を
 
送って下さったのである。 』」

 

イエス・キリストを信じる者には,

心のうちに聖霊を送ってくださいます。

 

 

「神に知られている」

 

(ガラテヤ4:9)

「 しかし,

今では神を知っているのに,

否,むしろ神に知られているのに,

どうして,あの無力で貧弱な,

もろもろの霊力に逆もどりして,

またもや,

新たにその奴隷になろうとするのか。」

 

私たちは,この世の力,

悪の力からの奴隷となってはいけません。

 

イエス・キリストの僕となっているからです。

 

○ 

 

キリストを形作る

 

(ガラテヤ4:19)

「私の子どもたちよ。

あなたがたのうちに

キリストが形造られるまで,

私は再びあなたがたのために

産みの苦しみをしています。」

 

わたしたちは,

うちにあるキリストを形造ることが,

信仰の生活です。

 

○ 

  

ガラテヤ5章

 

「キリスト者の自由」

 

(ガラテヤ5:13)

「兄弟たちよ。

あなたがたが召されたのは,

実に,自由を得るためである。

ただ,その自由を,

肉の働く機会としないで,

愛をもって互に仕えなさい。」

 

 わたしたちは,

イエス・キリストを信じることによって

自由にされました。

 

 この自由を,人に仕え,

愛することを勧められています。

 

 
 
御霊によって歩く,御霊の実
 
 
(ガラテヤ5:16口語訳)
「わたしは命じる,
御霊によって歩きなさい。
そうすれば,
決して肉の欲を満たすことはない。」
 
 
(ガラテヤ5:22,23 口語訳)
「御霊の実は,愛,喜び,平和,
寛容,慈愛,善意,忠実,
柔和,自制であって,
これらを否定する律法はない。」
 
 
イエス・キリストを信じる者に,
 
御霊によって歩きなさいと言います。
 
 
すると御霊の実が与えられます。

 

 

ガラテヤ6章

 

「自分自身の重荷」

 

(ガラテヤ6:5)

「人はそれぞれ,

自分自身の重荷を

負うべきである。」

 

自分自身の重荷は,

自分にあたえられた賜物でもあります。

 

この重荷,

また賜物を活かしていきたいものです。

 

 

 

 

 

 2018-04-12