朝の光,夕べの雲

キリスト教,聖書の記事

コロサイ人への手紙  解説2 

パウロがローマの獄中で
 
 
コロサイの教会宛てに送った手紙です。
 

 

 

コロサイ1章 

 

「栄光の望み」

 

(コロサイ1:27)

「神は彼らに,

異邦人の受くべきこの奥義が,

いかに栄光に富んだものであるかを,

知らせようとされたのである。

この奥義は,

あなたがたのうちにいます

キリストであり,

栄光の望みである。」

  

「奥義」とは,

キリストが現れたとき,

啓示された真理です。

 

わたしたちの内におられるキリストは,

奥義であり,神の栄光の望みです。

 

  

コロサイ2章 

 

「キリストに根ざす」

 

(コロサイ2:7)

「キリストに根を下ろして造り上げられ,

教えられたとおりの信仰を

しっかり守って,

あふれるばかりに感謝しなさい。」

 

私たちはキリストを信じ,

キリストに根を下ろした生活をし,

感謝して生きることが勧められています。

 

 

コロサイ3章 

 

「愛されている者」

 

(コロサイ3:12)

「あなたがたは,神に選ばれた者,

聖なる,愛されている者であるから,

あわれみの心,慈愛,謙そん,

柔和,寛容を身に着けなさい。」

 

神はわたしたちを選び,愛し,

聖なるものにしてくださいました。

 

そして聖霊を私たちの心に注ぎ,

御霊の実(あわれみ,慈愛,謙そん,

柔和,寛容)

を結ぶものにしてくださいます。

 

 

 コロサイ4章 

 

「やさしい言葉」

 

(コロサイ4:6)

いつも,塩で味つけられた,

やさしい言葉を使いなさい。

そうすれば,

ひとりびとりに対してどう答えるべきか,

わかるであろう。」

 

塩で味つけられたやさしい,

言葉を使うようにと言われます。

 

 

(コロサイ3:16)

「キリストのことばを,

あなたがたのうちに豊かに住まわせ,

知恵を尽くして互いに教え,

互いに戒め,詩と賛美と霊の歌とにより,

感謝にあふれて

心から神に向かって歌いなさい。」

 

 

2018-04-12