朝の光,夕べの雲

キリスト教,聖書の記事

1ヨハネ5章 イエス・キリストについての証

f:id:john3-16:20211217231729j:plain

 

 

1ヨハネ5章
 
 
イエス・キリストについての証
 
 
(1ヨハネ5:5-8)
 
「世に勝つ者はだれか。
 
イエスを神の子と信じる者ではないか。 
 
このイエス・キリストは,
 
水と血とをとおってこられたかたである。
 
水によるだけではなく,
 
水と血とによってこられたのである。
 
そのあかしをするものは,
 
御霊である。
 
御霊は真理だからである。 
 
あかしをするものが,
 
三つある。 
 
御霊と水と血とである。
 
そして,この三つのものは一致する。」
 
 
 
「水」は洗礼と関係しています。
 
イエスは洗礼者ヨハネから,
 
洗礼を受けます。
 
 
(ヨハネ1:32-34)
「ヨハネはまたあかしをして言った,
『わたしは,
御霊がはとのように天から下って,
彼の上にとどまるのを見た。
わたしはこの人を知らなかった。
しかし,
水でバプテスマを授けるようにと,
わたしをおつかわしになったそのかたが,
わたしに言われた,
『ある人の上に,
御霊が下ってとどまるのを見たら,
その人こそは,
御霊によってバプテスマを
授けるかたである』。
わたしはそれを見たので,
このかたこそ神の子であると,
あかしをしたのである』」。
 
 
「血」は十字架上での
 
イエスの死を指します。
 
 
(ヨハネ19:28-30)
「そののち,
イエスは今や万事が終ったことを知って,
『わたしは,かわく』と言われた。
それは,
聖書が全うされるためであった。 
そこに,
酢いぶどう酒がいっぱい入れてある器が
おいてあったので,
人々は,このぶどう酒を含ませた海綿を
ヒソプの茎に結びつけて,
イエスの口もとにさし出した。 
すると,イエスはそのぶどう酒を受けて,
『すべてが終った』と言われ,
首をたれて息をひきとられた。」
 
 
「霊」は聖霊のことです。
 
イエス・キリストが洗礼を受けたとき,
 
聖霊を受けます。
 
そして,イエスが十字架にかけられ,
 
復活し,昇天したのち,
 
信じる者に聖霊を送ります。
 
 
 
 
 
 
永遠のいのち
 
 
(1ヨハネ5:12)
 
「御子を持つ者はいのちを持っており,
 
神の御子を持たない者は
 
いのちを持っていません。」
 
 
 
(1ヨハネ5:13)
「私が神の御子の名を信じている
あなたがたに対して
これらのことを書いたのは,
あなたがたが
永遠のいのちを持っていることを,
あなたがたによくわからせるためです。」
 
 
この手紙の結論を宣べています。
 
 
 
 
 
願うは,かなえられる
 
 
(1ヨハネ5:14-15)
 
「何事でも
 
神のみこころにかなう願いをするなら,
 
神はその願いを
 
聞いてくださるということ,
 
これこそ神に対する私たちの確信です。
 
私たちの願う事を
 
神が聞いてくださると知れば,
 
神に願ったその事は,
 
すでにかなえられたと知るのです。」
 
 
 
イエス・キリストは次のようにいっています。
 
 
(ヨハネ15:7)
「あなたがたがわたしにつながっており,
わたしの言葉が
あなたがたにとどまっているならば,
なんでも望むものを求めるがよい。
そうすれば,与えられるであろう。」
 
 
 
 
 
 
イエスはまことの神・永遠のいのち 
 
 
(1ヨハネ5:20)
 
「神の御子が来て,
 
真実な方を知る理解力を私たちに
 
与えてくださったことを知っています。
 
それで私たちは,真実な方のうちに,
 
すなわち
 
御子イエス・キリストのうちにいるのです。
 
この方こそ,まことの神,
 
永遠のいのちです。」
 
 
 
イエス・キリストは神であり,
 
人でもあります。
 
 
ヨハネは,
 
教会の誤まった教えにたいして書きました。
 
 
「神の子」とは,
 
イエス・キリストが父なる神にたいしての
 
関係としてあらわしています。
 
 
イエス・キリストが,
 
神性を備えていることをあらわしています。
 
 
 
2019-12-20