朝の光,夕べの雲

キリスト教,聖書の記事

かすかな細い声   (1列王記19:11,12)

f:id:john3-16:20220314225731j:plain

 

(1列王記19:11,12)
 
 
「主は仰せられた。
 
『外に出て,
 
山の上で主の前に立て。』
 
すると,
 
そのとき,主が通り過ぎられ,
 
主の前で,激しい大風が山々を裂き,
 
岩々を砕いた。
 
しかし,
 
風の中に主はおられなかった。
 
風のあとに地震が起こったが,
 
地震の中にも主はおられなかった。
 
地震のあとに火があったが,
 
火の中にも主はおられなかった。
 
火のあとに,
 
かすかな細い声があった。」
 
 
 
神はエリヤに,
 
神は風や地震や日の中でなく
 
「かすかな細い声」の中に
 
ご自身がおられるおられることを
 
教えました。
 
 
 
 

旧約聖書の預言者エリヤに神が現われ,

声をかける箇所です。

 

「主が通り過ぎられ」とは,

神の特別な顕現を表しています。


神が現われたということです。

 


「火」とは稲妻を表していると

考える人がいます。

神からの細い声がありました。

神の声は,エリヤに,

静かに聞こえてきました。

 

f:id:john3-16:20220329143514p:plain

 

静まって知れ

1

御翼の陰に隠し 力ある御腕中に

逆巻く大海を越え 主とともに羽ばたく

我が父よ王なる神 静まりあなたを知る

 

2

キリストの中に憩 信頼と主の力知る

いかづち鳴り渡る中 主とともに羽ばたく

我が父よ王なる神 静まりあなたを知る

 

 



 
 
エリヤ,エリシャに油を注ぐ
 
 
(1列王19:13-18 口語訳)
 
「エリヤはそれを聞いて顔を外套に包み,
出てほら穴の口に立つと,
彼に語る声が聞えた,
『エリヤよ,
あなたはここで何をしているのか』。 
彼は言った,
『わたしは万軍の神,
主のために非常に熱心でありました。
イスラエルの人々はあなたの契約を捨て,
あなたの祭壇をこわし,
刀であなたの預言者たちを
殺したからです。
ただわたしだけ残りましたが,
彼らはわたしの命を
取ろうとしています』。 
主は彼に言われた,
『あなたの道を帰って行って,
ダマスコの荒野におもむき,
ダマスコに着いて,
ハザエルに油を注ぎ,
スリヤの王としなさい。 
またニムシの子エヒウに油を注いで
イスラエルの王としなさい。
またアベルメホラのシャパテの子
エリシャに油を注いで,
あなたに代って預言者としなさい。 
ハザエルのつるぎをのがれる者を
エヒウが殺し,
エヒウのつるぎをのがれる者を
エリシャが殺すであろう。 
また,わたしはイスラエルのうちに
七千人を残すであろう。
皆バアルにひざをかがめず,
それに口づけしない者である』」。