朝の光,夕べの雲

キリスト教,聖書の記事

安息日 (コロサイ2:16,17)

f:id:john3-16:20220316210334j:plain



(コロサイ2:16、17)口語訳

「だから,あなたがたは,

食物と飲み物とにつき,

あるいは

祭や新月や安息日などについて,

だれにも批評されてはならない。

これらは,

きたるべきものの影であって,

その本体はキリストにある。」

 

安息日は

旧約聖書の律法に関することです。

 

土曜日,一日休むという律法です。

 

安息日は「きたるべきものの影」です。

 

本体はイエス・キリストです。

 

わたしたちは

イエスにすべての荷を下ろせます。

 

安息はイエス・キリストの内にあります。

 

 

(マタイ11:28)

「すべて重荷を負うて

苦労している者は,

わたしのもとにきなさい。

あなたがたを休ませてあげよう。」

 

わたしたちがイエスに会ったとき,

解放され,自由になります。

 

すべての罪を下ろせます。

 

コロサイのキリスト者に

律法を行うことが

救いを完成させるものであると

教える者がいたようです。

 

しかし,

律法はキリストを指し示すという

役割を果したにすぎず,

すべてキリストが成就したのです。

 

今もなお遵守を主張することは

キリストの贖いのみわざの意義を

喪失させることになります。

 

それはキリスト教信仰を根底から

否定します。

 

 

2022-03-16